葬儀

葬式費用の内訳を把握すればコストダウンが可能

葬式はお金がかかるものという認識は多くの人が持っているでしょう。費用の具体的な内訳は、葬儀社への支払い・宗教者への支払い・飲食接待費に分けられます。これらはいずれも、葬式の規模によって変動します。
葬儀社への支払いは、遺体のお迎え・搬送から儀式まで、一連の進行に必要な費用です。このうち、儀式そのものが最も多くの金額を占めます。一般葬か家族葬かという形式や、お棺・お花・祭壇のランクによって金額が大幅に変動するので、葬儀社のサービス内容をよく確認することが重要です。
宗教者への支払いとは、読経・戒名料、僧侶の交通費などで、基本的に手渡しです。宗教や寺院によって金額に幅があります。
飲食接待費は、参列者にふるまう料理やお礼の品の費用です。この金額も葬儀形式によって大きく変わります。家族葬の場合は少ない人数分で済みますが、一般葬の場合は少なくとも会葬者の半分以上の料理を用意する必要があります。
葬式にかかる費用を漠然ととらえるのではなく、項目ごとに吟味することで、出費を抑えることができます。