戒名を付ける際の料金と注意点

戒名は受戒し仏門に入った人に与えられる名前で、仏教では戒律の印をされています。戒名が書かれた板を位牌と呼び、葬式で使用する野位牌や亡くなってから四十九日してから仏壇に祀られる本位牌などがあります。戒名は、遺骨を納骨する際に檀那寺の僧侶に付けてもらえます。檀那寺は寺の名前ではなく、自分のお墓がある寺のことを指します。この時、自分の寺ではなく別の寺で付けてしまうと以後、納骨するとき檀那寺から付けてもらえなくなります。檀那寺以外で付けてしまった場合は、改名する必要があるので注意しましょう。戒名の依頼料金は宗派によって異なります。さらに、いくつかランクがあり値段相場は1万円から100万円と幅広いです。信者が多い浄土宗で院信士か院信女に依頼した場合の相場は、30万円から50万円が一般的です。ランクを決める時の注意点は、ご先祖様と同じ墓に納骨する場合はご先祖様より高いランクを付けないようにしましょう。新しい墓だとランクの制限がありません。