葬儀

社葬を考えた時に気を付けること

社葬は、執り行う運営は企業側となり、葬儀に関する費用も企業の経費にて行われます。社葬の場合、会社は安定しているということをアピールする場でもあり、企業と取引のあった人を中心に葬儀に参列します。そのため大規模になることが多く、費用もかかってきます。実行委員などを設置する必要もあり、準備が必要となります。
遺族は、喪主となることが多いですが、施主は会社となることが多いです。戒名やお布施、僧侶の読経代など様々かかってくるので、どの部分の費用は遺族が出すのか、会社としてどのような部分が経費になるのかを事前に話し合っておくことが必要となります。
社葬を行う場合、あらかじめ親族によって密葬が行われることが多いです。これは、社葬までに葬儀の実行委員を立ち上げたりする、場所を確保する、という時間が必要なことが関係しています。社葬の流れは会社に任せておいて大丈夫ですが、密葬は遺族が手配をしなくてはならないことが多いので注意が必要です。